HOME

S.H. 2014年3月末をもって国立大学法人電気通信大学(東京都調布市)を退職し、同4月から名誉教授となりました。 現役時代に扱った研究テーマは、電子線と分子の衝突、マイクロ波の透過・反射、超音波による水の汚染除去、超音波による燃料電池触媒材料の開発などでした。 また社会連携センター長時代には一般向け講演をいくつか行いました。
現在、公益財団法人イノアック国際教育振興財団理事と 明星大学理工学部非常勤講師を務めております。 最近では(株)計測エンジニアリングシステム(KESCO)の皆さんとの交流が増えてきました。
これまでの経験を生かしてさらに活動の幅が広げられればと思っております。

                                                               林 茂雄

Announcements

Programming

Amendments

What's new

  • 「IoT志向のものづくりのための基礎セミナー(電気化学 第3回)が終わりました。フリーディスカッションでは現場での不可解な現象がいくつか話題になりました。(2017-12-15)

  • 「IoT志向のものづくりのための基礎セミナー(電気化学 第2回) 」(COMSOL DAYS 013, 10/11) は盛会のうちに終わりました。電気二重層の説明で上記Amendmentsをお知らせしました。エレクトロニクスに割く時間が足らなくなったのが残念です。(2017-10-15)

  • 「IoT志向のものづくりのための基礎セミナー(電気化学 第1回) 」(COMSOL DAYS 013, 8/30) は盛会のうちに終わりました。皆様、お疲れさまでした。デモ実験では、容器にヒビが入って電解液が漏れる、爆発音にイマイチ迫力がないなど不全感が残りましたが、自分でもやってみたいという方がいらしてうれしくなりました。 またアンケートがおおいに参考となりました。(2017-8-31)

  • INOAC財団主催「日本文化体験会」が開催されまたした。新旧留学生を含め総勢約30名。(2017-6-10)

  • 久しぶりに論文(英語)を出しました。 「電気化学を分かりやすく」というねらいは果たして・・・?(2017-1-10)

  • 「エクセルによる理工系のための統計学」で使う ProbChi2 の導入法のページを作りました。(2016-12-18)

  • 「エクセルによる理工系のための統計学」(東京化学同人, 2200円)を出版しました(10/26付)。(2016-10-26)

  •  

     

    (c) 2014-2017, S. Hayashi